Yさんの造作家具の件で、工場まで行ってきました
ちょっと古びた感じにしたかったので、試行錯誤です



なかなか思った感じになりません
自分でやるとホントよくわかります、細かなニュアンスが
なかなか言葉と現実の物とのギャップ、新しい物を少し時間が経ったような
雰囲気、ましてや材質もそれぞれ違う、ナドナド
これをいつもえらそうに「こうしろー!」といってる自分
職人のみなさんホントすいません


ようやく思った色と感じが掴めてきました
細かな仕上がりの調整は、また飢麑椶療描が終わってから
手を加えて行く事に


このころになると、皆さんとも少し打ちとけてきて
工場の隅でゴチャゴチャやってると気になるようで
コチラがやろうとすることを、あーそういうことね!っと
組み上がった時が楽しみです


天板はあえてガタガタに加工してもらいました
これもナラです、固くて大変ですよ
これがいい風合いになるんです。

<< 幸せのおすそわけ、、? | main | 雨の現場 >>
このページの先頭へ